​ご先祖様に手を合わせましょう。

永代供養

​​今後ご先祖様を守る後継者不在等の問題を抱える抱える方々の代わりに萬松寺でご供養いたします。

お墓というのは、本来継承者が存在し、代々家族墓を管理していくものですが、現在では核家族化や、少子化が進み家族のあり方も様々で必ずしも継承者が存在するとは限りません。

また、子供がいたとしても遠方におり、自らのお墓の世話を任せるのは忍びないと考える方も増えています。

そのような方々のために、現在では永代供養という埋葬方式をとるお寺が増えています。

永代供養とは、字の通り永代に渡り供養をすることを意味しまが、これはお寺がお墓の管理を一箇所の供養塔を建立し、全面的責任を持って供養することであります。

永代供養塔使用の簡単な流れについて

埋葬方法は申込者本人の希望する間、最長13回忌まで遺骨を永代供養塔内納骨室に個別に安置し、お寺で共同供養をしていただいたあとに永代供養墓地へ合祀されます。

遺骨の安置期間にはお寺が春彼岸・秋彼岸に共同供養をして、家族の負担となりません。

​また、料金は最初に一括して支払うため、安置期間中に管理費など支払う必要がありません。

© 2018 by bansho-ji. Proudly created with Wix.com

〒018-5201 秋田県鹿角市花輪字西町187

​tel 0186232647​  fax 0186232050

​bansho.temple@gmail.com